幸せ野菜ランチレポート

【端午の節句】中華ちまき風炊き込みご飯ランチ

明日、5月5日は「端午の節句」。それにちなんで、本日は「中華ちまき風炊き込みご飯ランチ」を提供しました。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

節句とは中国の暦でいう季節の変わり目のこと。端午の節句は年間の「五節句」の一つとして、古くから邪気を払う風習が受け継がれてきました。菖蒲湯などもその一つですね。

食べ物としては、柏餅や笹の葉にくるんだ白い餅菓子の「ちまき」が定番ですが、中国では具材ともち米を笹の葉や竹の皮で包んで蒸しあげたものも「ちまき」。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

ゴールデンウィーク期間中も休まず、大型連休ならではの出荷ピークを支える従業員に端午の節句をお腹いっぱい味わってもらおうと、今年もまつのキッチンの中国籍のスタッフが腕をふるってくれました。

前日のうちに、にんじんや干し椎茸、竹の子などの具材を刻んで

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

あらかじめ下味をつけておく仕込みを済ませ

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

当日、もち米とうるち米をブレンドしたものにたっぷり混ぜ込んで

香り豊かに炊き上げます。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

ちまきに添えるサラダやおかずにも野菜をたっぷりと。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

食文化の伝統を知る「食育」として、日本語・中国語・ベトナム語の3カ国語で行事の由来を伝えるリーフレットもすっかり定番になりました。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

まつのキッチンに美味しい笑顔が

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

広がります。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

今年は鯉のぼりも登場しました!

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

鯉のぼりの由来には諸説あるようですが、中国の故事もその一つ。「黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を登ろうと多くの魚が挑戦するなか、鯉だけが登り切り竜になることができた」という逸話にちなみ、鯉の滝登りが立身出世の象徴となっているのだそうです。

「登竜門」という言葉の由来にもなっている故事。急流を登り切った鯉にあやかり従業員の健康を願う鯉のぼりです。

日々の「幸せ♡野菜ランチ」でも、従業員に美味しく食べてもらえるように、「食」で健康を支えられるように、工夫を凝らした愛情たっぷりのランチを提供してくれるキッチンスタッフ。行事ランチの本日は事務所のスタッフも応援参加し、みなで準備しました。

まつの幸せ野菜ランチ_端午の節句

弊社は今年度、

『従業員満足なくして お客様満足なし』

を経営方針として、そして今後も永続的に変わらない企業姿勢として定めております。

いい仕事は健康から。毎日健やかに笑顔で働ける職場であるよう、これからも従業員の食生活を大切にし、食文化を伝える活動を行ってまいります。

季節の行事食の最新レポート