ベジフルサポータージャーナル

和歌山県秋の夜長を楽しむ!簡単おつまみレシピ

ベジフルレシピヒント集

和歌山県のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロの阪口理紗です。

9月に入り朝晩涼しくなり、だいぶ過ごしやすくなりましたね。また、日の出が遅くなり、日の入りが早くなってきて、秋の夜長を感じるようになりました。そんな秋の夜長を楽しむため、おうち居酒屋、おうちバルで使える「簡単!おつまみレシピ」のご紹介です。

「人参と卵のプチっとしりしり」
(材料)
ニンジン…中1本
卵…2個
辛子明太子…1本
鰹節…1袋
薄口醤油…小さじ1
ごま油…大さじ1

(作り方)
1.ニンジンは千切りにし、辛子明太子は皮を取り除いておきます。
2.フライパンにゴマ油を熱してニンジンを炒めます。しんなりしてきたら真ん中に卵を落とし入れ、菜箸で混ぜ合わせます。
3.卵がポロポロとしてきたら辛子明太子とかつお節を半量、薄口醤油を入れてしっかりと混ぜ合わせます。辛子明太子の色が変わったらお皿に盛り、 残りのかつお節を上にのせて完成。

「ジャーマンポテト」
(材料) 
じゃがいも…3個
ウインナー…5本
玉ねぎ…中1/2個
オリーブオイル…大さじ1
にんにく…一片
塩麹…大さじ1
粒マスタード…小さじ2
お好みでサワークリーム

(作り方)
1.じゃがいもを大きめの乱切りにして、串が通るぐらい茹でます。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを炒めたら、繊維に沿って1センチ幅に切った玉ねぎを加えてしんなりするぐらい炒めます。
3.2に斜め切りにしたウインナーとじゃがいもを加えて塩麹、粒マスタードを加えざっくりと混ぜていきます。熱いうちに器に盛り、お好みでサワークリームを添えて完成。
この粒マスタードは手作りで、実はおうちで簡単に作れる調味料の1つなのですよ!

じゃがいもの品種によって水分量も違ってくるので、固めに加熱しましょう。今回は加熱時間が長すぎて少しじゃがいもが崩れてしまいました。

また、我が家ではじゃがいもを使ったおつまみで大好きな食べ方がもう一つあります。粉吹き芋を作り、ゆで卵、マヨネーズ、ザワークラウトなどを混ぜ合わせたら、大葉や貝割れ大根と一緒に生ハムで包みます。

生ハムの塩分が高いので、中に包む具は塩を足しません。ワインに合うおつまみです!

「長芋ステーキ」
(材料)
長芋…1本
バター…20g
A(醤油大さじ2・酒大さじ1・みりん…大さじ2)
小口ネギ…適量
刻みネギ…適量

(作り方)
1.長芋は皮を剥いて1センチ幅の厚さに切り、酢水に浸けてぬめりをとります。
2.フライパンにバターを熱し、1の長芋をきつね色になるまで表面を焼きます。
3.表面が焼けたらAを回しかけて水分がなくなったらお皿に盛ります。小口ネギや刻みネギを散らして完成。

「きのこのハーブアヒージョ」
(材料)
しいたけ…10個
パセリ…1本分
バジル…5枚分
にんにく…1片
オリーブオイル…しいたけが半分隠れるぐらい
塩・黒こしょう…少々

(作り方)
1.しいたけはいしずきを取り1/4に切ります。にんにくは薄切りにします。
2.スキレットや耐熱容器ににんにく、しいたけを入れ、塩と黒こしょう振り入れたら、みじん切りにしたパセリやバジルをちらし、オリーブオイルを回しかけたらオーブンで約15分程加熱。
3.オリーブオイルがふつふつして、しいたけがしんなりしてきたら完成。
パセリやバジルはドライタイプを使用しても構いません。

秋の夜長に読書をしたり、映画を見たり、ゆっくりとお風呂に入ったり…と過ごし方は様々ですが、大切な家族や友人と美味しいものを囲みながら語り合うのもいいですね!

和歌山県のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロの阪口理紗でした。

和歌山県の記事