ベジフルサポータージャーナル

東京都ひとくちサイズの果実「ベビーキウイ」&「クラブアップル」

野菜・果物品目レポート

東京都のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエの大内優紀枝です。

季節が秋に変わり過ごしやすくなりましたね。今回は小さくて美味しいフルーツをご紹介します。まさにキウイの赤ちゃんみたいで本当に可愛い!ひとくちで食べられる「ベビーキウイ」です。

今はいろいろな店舗で販売されているのでご存知の方も多いでしょう。洗った後は皮をむかずにパクッと食べられます。果肉はとろっとしていてかなり甘く、口に入れたらまさにとろけるよう。熟していくと皮が赤みががってきます。

果皮はツルツルとしていて、一般的なキウイとは質感が全然違います。酸味がほとんどなく、いくつでもパクパク食べられるので食べ過ぎには注意です。

さて、気になる栄養価ですが、栄養価が高くビタミンC、食物繊維、ベータカロテン、ルテイン、クロロフィルが含まれ、皮ごと食べられるので効率よく摂取できます。ベータカロテンは普通のキウイの3倍近いそうです。とても甘いので気になる糖度を測ってみました!

糖度は17度!やっぱり甘い!可愛くて、丸ごと食べられて、とても美味しい「ベビーキウイ」。グラスに貼り付けてスムージーを注ぐのもまた可愛らしいのでオススメです。今回は冷凍のパイナップルとりんごとライムのスムージーにしました。

お弁当にもミニトマトと同じように入れやすいので重宝します。

さて、今回はもう一つご紹介。秋の果物といえばりんごもその一つですが、姫りんごの一種「クラブアップル」をご存知でしょうか?私は観賞用の果樹として自宅に植えていますが、大きさがさくらんぼ程度の可愛いサイズで、実のつき方もまるでさくらんぼのようです。

赤くて小さくて可愛いクラブアップル、自家受粉が可能で1本で花が咲いて実がつきます。

実は、花が季節を間違えて先週咲いてしまいました。なんとも優しい印象の花ですね。突然の開花はサプライズでした!

観賞用のこのクラブアップルですが、もちろん食べることも可能。酸味や渋味が強いので煮込んでジャムなどにするのが一番美味しくいただけますが、せっかくの可愛さを楽しみながら食べてほしいので、子供でも簡単にできるお手軽レシピをご紹介します。

材料は3つだけ!
姫りんご(クラブアップル)5個
砂糖大さじ2
レモン汁小さじ1

耐熱容器に半分に切った姫りんご、砂糖、レモン汁を入れてラップをかけ、600Wで3分レンジにかけるだけ(種はお好みで取り除いてください)。

これをそのまま食べたり、パンにのせたりしてアレンジ。バケットに生クリームを絞り、ふじりんごのコンポートとレンジで加熱した姫りんご(クラブアップル)とミントをのせました。もう一つはタルトに生クリームを絞って姫りんご(クラブアップル)とチャービルをトッピング。

簡単お手軽レシピ、ぜひお試しくださいね。

こちらは、姫りんご(クラブアップル)のカット断面の画像です。

とにかく胸がきゅんとするような可愛い果実。先程の料理に大きなりんごもスタイリングしてみました。
小さくて可愛い一口サイズの果実、たっぷり味わってくださいね。

これからますます秋深くなりますが、毎日の生活に野菜や果物を楽しく取り入れて、食欲の秋をどうぞお楽しみください!
東京都のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエ大内優紀枝でした。

東京都の記事