ベジフルサポータージャーナル

北海道雪国のご褒美!雪下カラフルにんじん初収穫

まつのベジフルサポーターレポート

北海道のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの福島陽子です。

大消費地の札幌市に隣接する江別市は、一軒の農家が様々な農作物の品目を作るという「都市型農業」が盛んです。肥沃な石狩川流域は、土も栄養価豊富で豊かな土地で風が強い地域で虫が付きにくく、寒暖の差が大きい点も作物にとって好都合です。

江別市豊幌にあるアンビシャスファームから3月下旬、「雪下カラフルにんじん」初収穫のお知らせを頂き、早速伺わせて頂きました。北海道は冷涼な気候を好むにんじん栽培に全国で一番適していると言われています。
アンビシャスファーム 夏野菜
農業生産法人「アンビシャスファーム株式会社」は、アスパラガス、とうもろこし、じゃがいもなど北海道を代表する野菜を始め、70品目もの野菜を少量多品種栽培と契約栽培を行っています。

7月から10月は「ふたりのマルシェ」という野菜直売所も運営し、ファームの生産者が新鮮野菜を消費者に直接販売する活動も行っています。ふたりのマルシェ 江別 アンビシャスファーム 福陽
私も夏のマルシェには何度か伺ったことがあり、生産者さんとの会話と野菜選びを楽しませて頂きました。雪下 カラフルにんじん アロマレッド アンビシャスファーム
雪下にんじんは、秋に収穫せず雪の下で越冬させ、春の3月下旬頃から収穫したもの。雪の多い北海道らしい栽培方法で、雪の下で寒さに耐えながら糖分を蓄えた野菜は、道産子にとっては春のご褒美のような食材です。
雪下 にんじん 畑 越冬
この日に収穫を行う圃場に到着すると、敷地の周りには未だ見渡す限りの雪景色が広がっていました。雪下 にんじん 畑 越冬
スコップを使って土からにんじんを掘り起こし、葉と側根を切り落としながら、1本1本手作業での収穫です。意外と土がぬかるんでいるため、足を取られないように気を付けながら作業します。

にんじんは、雪下ではほぼ凍ることはないとのこと。雪が溶けて土から頭が出たにんじんのほうが凍りやすく、昨年4月の収穫は採っている傍から雪が降ってきたため、急いで収穫を行ったそうです。雪下カラフルにんじん 江別市
アンビシャスファームで栽培されているものは、アロマレッド、金美人参、パープルスティックの3品種。もともと甘い品種ですが、越冬させることで食べてすぐ分かる甘さの違いが雪下にんじんの一番の魅力です。

外側は紫、中身はオレンジのパープルスティックは、紫の部分はアントシアニンを多く含み、甘みが強く、生食に適しています。アンビシャスファームでも特に人気が高い品種です。アンビシャスファーム 柏村代表
代表取締役の柏村章夫さんにお話を伺いました。4年前、江別市「酪農学園大学」の同級生で豊幌の生産者である伊藤取締役とそのご両親と一緒にアンビシャスファームを設立されました。就農する前は、商社マンとして国内外での営業をご経験された柏村社長。当時から、いつかは野菜を作りたいという強い思いがあったそうです。

豊かな土地を生かし、特別栽培以下の減農薬で野菜を栽培。海外の会社に分析を依頼し、土の状態に適した土作りを行っています。
雪下 カラフルにんじん 収穫 
「次世代の人が農業に希望を持てる未来を創りたい。」と柏村さんはおっしゃいます。今後の新たな取り組みとして、抗酸化作用の高い農産物の研究や、いちごの栽培など野菜以外の作物にも新たに挑戦したいとのこと。

江別市は札幌や千歳からも近いことから、将来的にはマルシェやレストラン、宿泊施設を作り、沢山の人が産地に集まるようなワクワクする「10年ビジョン」も構想されています。まさに「Ambitious」(大志、壮大な、熱望)という言葉がぴったりのファームで、これからもぜひ応援させて頂きたいです。

アンビシャスファームから沢山頂いた雪下カラフルにんじんを春らしく楽しみたいと思い、にんじんの鮮やかさを活かすお料理を作りました。

【水玉にんじんちらし寿司】
水玉 にんじん ちらし寿司 カラフル
雪下カラフルにんじん3種は、栄養素としても相性の良いレモン汁、そしてしょうゆとごま油を合わせた漬け汁に半日漬けます。パープルの色素が出ますので、容器はそれぞれ別にして漬けましょう。酢めしは、しょうがと白ごまを混ぜて、風味良く香ばしく仕上げます。水玉 にんじん ちらし カラフル 寿司 材料
カラフルにんじん、輪切り野菜(ラディッシュ、きゅうり、みどりちゃんミニトマトなどお好みで)、正方形に切ったサーモンを彩りよく盛り付けます。水玉 にんじん ちらし寿司 カラフル
仕上げには、和歌山県産特撰品「うすい豆」をトッピング。グリンピースより淡い発色が特徴です。色鮮やかでしっとりした雪下カラフルにんじんとホクホクした甘みのうすい豆は、春のちらし寿司を作るのにぴったりですね。

【カラフルにんじんのプルーン煮】カラフルにんじん プルーン煮
にんじんの煮ものが食べたいと思い、アロマレッドと金美人参で豚肉とプルーン煮を作りました。にんじんと煮ると相性のよいプルーンで、より甘さが引き立ちます。雪下 にんじん アロマレッド
食べ応えを出すために、にんじんを大きくカットします。この瑞々しさが写真でも伝わりますと嬉しいです。

彩りと甘さ、瑞々しさを楽しめるアンビシャスファームの雪下カラフルにんじん。コープさっぽろのご近所やさいコーナーで購入することができます。また、ネットショップではギフトボックスの販売も予定されています。機会がありましたら、ぜひカラフルな3品種を食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

北海道のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの福島陽子でした。

———————————
こちらの記事に関するお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
【お問い合わせページ】
https://www.matuno.co.jp/contact.html
———————————

北海道の記事