ベジフルサポータージャーナル

大分県今日も笑顔のうちご飯「別府 鉄輪温泉 明礬温泉に来ちみらんかぇ」

まつのベジフルサポーターレポート

大分県まつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ、ジュニアオリーブオイルソムリエの井上美加です。

おんせん県と言われる大分県、みなさま別府市をご存知ですか。別府市は九州の東北部、大分県にあり温泉地として有名。別府湾と火山などの間に位置し2千以上の温泉に恵まれています。今回は鉄輪温泉(かんなわ)明礬温泉 (みょうばん)を私と一緒にミニトリップしましょう!

鉄輪温泉はこのように小道がたくさんある町です。水路から湯気がいたるところから吹き出しています。私も別府育ち。通学の寒い朝、道から吹き出している道を歩いて通った思い出があります。あたたかいんですよ。

鉄輪温泉を歩いていると足湯が所どころにあるのも楽しいです。温泉に足だけつけて温まる。
温泉に入った気分になります。無料なのも嬉しいですね。
またこのような足蒸しもあります。

蓋を開けて足を入れます。

足が蒸気で蒸されています。暖かい肉まんになった気分 笑!歩くと所々に このような看板もあり 温泉の歴史を感じることもできます。

看板を探すのも楽しい散策。

歩道にも温泉マーク

旅館には所々に専用の蒸し場のようなものがあり蒸し料理があっという間に出来上がります。蒸し料理を体験できる工房があります。

「地獄蒸し体験工房鉄輪」で私も体験してみました。地蒸し料理とは、温泉から噴出する高温の蒸気熱を利用した調理法で別府では江戸時代から用いられていました。食材をザルにのせて地獄蒸し釜と呼ばれる約100度の蒸気が吹き出す釜の中に入れ蓋をするだけ。塩分を含む温泉蒸気で一気に蒸すため食材本来の旨味が閉じ込められます。

好きな野菜を選んで 。

20分で蒸しあがります。野菜や鶏肉 たまご 鶏めしを蒸してみました。分厚いゴム手袋をして釜の中に入れてタイマーをかけてもらいます。

湯気で周りが見えなくなりますが 本当に楽しい。
いただきます。お野菜は甘く お芋はホクホクです。
なかなか地獄蒸しなんて味わえることのない貴重な体験ができました。

これはなんだと思いますか。温泉を冷ます「湯冷まし」と呼ばれる道具です。竹箒を逆さまにしたような形していますね。

その時、ヒントになったのが、昔ながらの製塩で使われていた枝条架(しじょうか)という道具。竹の枝が釣り下がったこの道具に熱した海水を流すと、水分が蒸発し、温度が下がるという仕組みになっているそうです。

これを応用し、加水することなく、自然に温度を下げる装置を作り出すことに成功。材料は木と竹で、鉄を使っておらず温泉成分での劣化の心配がない。しかも、短時間で温度を下げることができるため、お湯がまるいそうです。(温泉のお湯は、空気に触れすぎると酸化されてよくないとのこと。)ひょうたん温泉より引用

鉄輪温泉は見所いっぱい 。地獄巡りもまた外せない観光地です。海地獄や血の池地獄 そしてこんなバス停まで。降りるのにちょっと勇気がいりますね。

海地獄、温泉卵もつけておくだけであっという間に出来上がります。別府八湯のうち地獄釜が利用出来る鉄輪温泉と明礬温泉や、別府地獄めぐりの各地獄では、たまごを温泉で蒸したり茹でたりした温泉たまごが名物となっています。温泉の蒸気熱を利用した地獄釜で蒸す地獄蒸したまごの他、海地獄では98度のコバルトブルーの温泉に、竹籠に入れたたまごを直接浸してゆでた、地獄ゆでたまごが名物となっています。

血の池地獄

つぎは明礬温泉(みょうばん)の紹介です。風情ある湯の花小屋や湯けむりに包まれた別府明礬湯の里では天然の入浴剤湯の花を作っています。国の重要無形民族文化財に指定されています。
湯の花が沢山付いていますね。

地獄蒸しプリンは人気のスイーツです。

至る所で温泉たまご

素晴らしい景色

みなさまいかがでしたでしょうか。海と山に囲まれた大分県別府市は温泉県といわれて親しまれている町。

まだまだ紹介しきれない素敵な所がたくさんあります。機会がありましたらぜひ 温泉に入りに来ちみらんかぇ。まってます。

大分県まつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ、ジュニアオリーブオイルソムリエの井上美加でした。

大分県の記事