ベジフルサポータージャーナル

大阪府【まつの幸せフルーツボックス】で彩る端午の節句

まつのベジフルサポーターレポート

大阪府のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロ・ジュエルフルーツクリエイターの万ノ記子(まんののりこ)です。

五節句の1つである端午の節句。菖蒲の節句とも呼ばれ、日本では男の子の健やかな成長を祈願し祝う風習が昔からあります。5月5日、国民の祝日である「こどもの日」を今年はたっぷりのフルーツでお祝いしてみませんか?
端午の節句
可愛らしい鯉のぼりの二段ボックスにカッティングしたフルーツをぎっしり詰めてサプライズ!
端午の節句
焼き菓子や和菓子が鯉のぼりのパッケージに入っている詰め合わせを端午の節句近くになるとよく目にしますが、フルーツが入っていても楽しいですよね。
端午の節句
旬の一瞬を逃さず届けてくれる「まつの幸せフルーツBOX」。貯蔵の果実といわれるキウイは、収穫後寝かせ(追熟させ)て酸を落ち着かせています。好みの味わいやキウイカップ・スライス・キウイフラワーの3種類のカッティングで食感の違いを楽しむこともできます。
端午の節句
オレンジは赤い果肉をもつブラッドオレンジ(タロッコ)。深紅の果肉は抗酸化作用のあるポリフェノールの一種アントシアニンによるもので美容効果が期待できる嬉しいオレンジです。
ジュエルフルーツ
リンゴはサンふじと王林。サンふじは甘みと酸味の味のバランスが良く食感もシャキッとしている人気のリンゴです。また貯蔵性が高いのも特徴の一つで、低温庫での保存で半年以上品質を保つことができると言われています。

王林は青リンゴの代表的な品種でリンゴの中の王様という意味を込めて命名されたそう。甘みが強く柔らかめの食感が特徴なのでサンふじと王林の食べ比べも楽しいですね。
端午の節句
市松模様や花扇と呼ばれる和風のイメージのカッティングは皮に含まれるリンゴポリフェノールを一緒に食べることができるのでお勧めです。
端午の節句
熊本県産の河内晩柑は和製グレープフルーツやジューシーオレンジなどの別名があります。文旦の突然変異種でとても希少な品種。果汁がたっぷりでさっぱりとした味わいですが内皮にやや苦みがあるため白い部分を残さずしっかりとって食べることをお勧めします。
端午の節句
香りがとてもいいので皮の部分もペティナイフで蔓と葉っぱにカットして飾りました。河内晩柑のカップに一緒に入っているスマイルウィングは清見(きよみ)です。オレンジと温州みかんを掛合わせて生まれたとってもあまくて果汁たっぷりの柑橘で、早くから出回る早採りのものではなく樹上で完熟させたコクのある味わいを蓄えています。
端午の節句
型抜きを使ってリンゴのねじり梅や桜の花びらも簡単に作ることができます。柏餅とフルーツの組み合わせは珍しいかもしれませんが、あんこの甘みとフルーツの酸味が絶妙なのでぜひトライしてみて下さいね!フルーツカッティングを楽しみながら色とりどりのフルーツで端午の節句のお祝いに花を添えてみませんか。

大阪府のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロ・ジュエルフルーツクリエイターの万ノ記子(まんののりこ)でした。

——————————
こちらの記事に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください。
【お問い合わせページ】
https://www.matuno.co.jp/contact.html
——————————

大阪府の記事