ベジフルサポータージャーナル

静岡県絶景!「富士山ガーデンファーム」

まつのベジフルサポーターレポート

静岡県まつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ 金森志保です。

静岡県裾野市にある【富士山ガーデンファーム】は富士山のふもと標高500メートルの所にあります。ここから見る富士山は雄大で、さえぎる物が何もないので1.5ヘクタールの広さはため息が出るほど素晴らしい景色!!

自然豊かな中でイタリアやフランスの西洋野菜達が元気に育っています。平均気温は11℃、真冬には5℃にもなる温度格差と愛高山からの乾燥した風も美味しくなるスパイスだと若月新一さんが教えて下さいました。

県の職員時代に農業関連の部署を努めていた若月さん。【富士山ガーデンファーム】を始めて10年。最初の3年は荒地だった畑を作るのに試行錯誤を繰り返したそうです。堆肥作りにも工夫し近くの富士サファリパークからゾウやキリン達(草食動物)の堆肥をもらい活発な微生物のチカラで野菜本来の味を引き出しています。ミネラル豊富な土壌にし野菜達にも栄養をたっぷり与え栄養価を上げていきます。

「野菜本来の味と香り!そして超健康野菜。健康野菜ではなく超健康野菜!これを食べて皆に健康になってほしい」と願いがこもっています。富士山火山灰土も貴重な自然の恵みになっています。また、海外から直接、作物の種を買い付け西洋野菜作りも積極的に取り組んでいます。カラフルな野菜と雄大な富士山!若月さんは写真もプロなみ是非HPもご覧ください。


彩りが鮮やかな野菜達!1番人気は土臭くないビーツ。ビーツは3種類(赤ビーツ、渦巻きビーツ、オレンジビーツ)を栽培しています。赤ビーツはボルシチで有名ですね。食べる輸血とも言われています。渦巻きビーツはサラダなどに入れると一気に華やかになります。オレンジビーツが1番甘くて珍しいのですが、栽培は難しいそうです。


その他には黒大根や白トウモロコシも人気商品。見た目の華やかさだけでなく、栄養価の高いのも特徴の一つです。今では遠方からシェフが直接、買い付けに来る事も多々あります

黒トマト

あまりに美味しくてシカの被害も・・・


6月~12月は収穫体験も楽しめます。ご家族で参加することもできますので普段、土と触れあう事がないお子様にもオススメの体験です。

富士山ガーデンファームのお野菜は「道の駅すばしり」「道の駅富士川楽座」でお取り扱いがあります。尚、富士山ガーデンファームのホームページお問い合わせからメールで購入することも可能です。是非、旬のイタリア、フランスの西洋野菜はいかがですか?

静岡県まつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ 金森志保でした。

静岡県の記事