ベジフルサポータージャーナル

和歌山県【まつの幸せフルーツボックス】秋の味覚をアレンジして華やかに

幸せ野菜ボックスで美味しい食卓

和歌山県のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロの阪口理紗です。

朝晩涼しくなり、秋めいた季節になってきましたね。旬の野菜や果物が届く「まつの幸せフルーツボックス」が今月も我が家に季節の味を届けてくれました。

今月のラインナップです。

青森県産 メロン「キスミー」
山梨県産 桃「さくら白桃」
山梨県産 ぶどう「ピオーネ」
山梨県産 スモモ「太陽」
茨城県産 梨「幸水」

「食欲の秋」「味覚の秋」「実りの秋」などと言われ、秋といえばお米が実り、野菜も美味しく、梨やぶどう、いちじく、柿、りんごなどの美味しい果物が豊富に採れる季節です。そんな秋の味覚を使った簡単レシピをご紹介します。

「スモモのさっぱりジャム」

(材料)
スモモ…2個
米麹甘酒(濃縮タイプ)…大さじ3(グラニュー糖の場合は大さじ2)

(作り方)
1.きれいに洗ったスモモの真ん中辺りから種を中心にぐるりと切れ目を入れ、ひねって半分の大きさにします。種を取って、全てを2cm角の大きさに切ります。
2.小鍋に1のスモモと米麹甘酒を加えて弱火で約15分程コトコト煮ると、赤い色になります。果肉も全て柔らかくなったら完成。

種が付いている半身は、種に合わせて縦に切り込みを入れて果肉を放していくと、種が取りやすいです。

最初はスモモの果肉の色と同じ黄色っぽい色ですが、途中から綺麗なスモモ色になります。

熱湯消毒した瓶に詰めたら完成。

早速、コーンフレークと水切りヨーグルトの上にかければ即席デザートに!

スモモのフルーティーな香りと甘酸っぱい美味しさが水切りヨーグルトによく合います。チーズケーキやバニラアイスにもぴったりなので、ぜひ活用してくださいね。

ちなみに、ピオーネやスモモの表面に付いている「白い粉」はは果実自身が出しているもので「完熟の証」です。スモモ「太陽」は特に果皮と果肉の間に香りがありますので、皮ごとジャムにしましょう。

「梨のフローズンヨーグルト」

(材料 4人分)
梨…1個
プレーンヨーグルト…大さじ3
はちみつ…大さじ2

(作り方)
1.梨の皮と芯を取り除き、食べやすい大きさにしたら、プレーンヨーグルトとはちみつを加えてブレンダーやジューサーで滑らかになるまで撹拌します。擦りおろし器でおろしてもOK。
2.チャック式の冷凍用保存袋に1を入れ、半日以上冷凍庫で冷やしたら完成(途中2度ほど揉みましょう)。

シャリシャリとした食感が特徴のシャーベット。まだまだ暑い日が続きそうなので、こんなデザートも美味しく感じられますね。

「まるごとぶどうのゼリー」

(材料 2人分)
ぶどう…6個
水…200cc
グラニュー糖…大さじ2
レモン果汁…小さじ1
ゼラチン…小さじ1

(作り方)
1.ゼラチンは分量外の水小さじ3で溶かしておきます。
2.小鍋に水、グラニュー糖を加えて沸騰させます。1のゼラチンをレンジ600Wで20秒程加熱して溶けたら加えてしっかりと混ぜ合わせ、最後にレモン果汁を加えて火を消します。
3.器に皮を剥いたぶどうを入れ、2を流し入れ、冷蔵庫で固まるまで冷やしたら完成。

ちょうど果汁100%のぶどうジュースがあったので、ジュース200ccに小さじ1のてんさい糖を足したら、あとは同じ容量で作れます。

「皮を剥いたら食べられる!丸ごと食べられる!」そんな手軽に食べることができるのが果物の良さ。でも、ちょっと手を加えてあげるだけで、華やかに食卓を演出してくれるアイテムでもあります。果物が持つカラフルさ、食欲をそそる甘い香り、ビタミンや食物繊維の豊富さなど、果物本来の良さを引き出しながら、笑顔で食卓を囲んでくださいね。

和歌山県のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエプロの阪口理紗でした。

**************
「旬の一瞬を逃さない」美味しさをお届けします。
「まつのベジタブルガーデン」
https://www.matsunovege.com/

和歌山県の記事