ベジフルサポータージャーナル

佐賀県仏手柑は果肉のないユニークな柑橘!

まつのベジフルサポーターレポート
こんにちは。福岡のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの永利裕子です。

今回は私が知る中でも、最もユニークで変わり種の柑橘に会いに佐賀県の富田農園を訪れました。 

その柑橘は、先端が指のように伸びた様子が千手観音の手に見えるということから仏手柑(ぶっしゅかん)と呼ばれています。 

P1000877
そもそも仏手柑はインド原産の柑橘で「シトロン」の変種だと言われています。室町時代から江戸時代に日本へ伝わりました。「大和本草」(1709年)には「果物と言い難い」「香りがよい」と記されているそうです。現在、全国でも約2トンの出荷量しかないと言われる希少な品種なんです。富田さんのハウスへ入るとあちらこちらに黄色い手が・・・圧巻です!実際に目の当たりにすると思わず声を上げてしまうほど。P1000869
仏手柑は11月から2月の間に出荷時期を迎えます。60本ある木には、それぞれ50個程が実り、1シーズンで約3000個が収穫されています。全国の仏手柑の約3分の1がここにあるんですね。P1000875
「この浜玉地区は昔からみかんの栽培が盛んな地区。だけどみんなと同じもんを作っても面白くない、どうせやるなら1番にならんば。だから人と違うもんを作る。」と富田さん。15年前から、みかんの樹に継ぎ木して試行錯誤で栽培を始めたそうです。当時は「何でこんなものを作るんか?」と周囲から不思議がられたそうです。それもそのはず、仏手柑は食べられないのです。P1000910
切ってみると中身は真っ白。
P1000880
収穫分の6割は、観賞用の花材として出荷をされており、(仏様の手という位ですから縁起の良いものとしても人気)JA唐津を通して花市場からの注文に応じたりインターネットでの販売をされています。時にはお寺からの注文もあるそう。
P1000886
形や大きさ、枝に付く実の数までお客様のご要望に対応されています。「無駄にするのは好かんとです。仏手柑は全て使い切ります。」富田さんが見せてくれたのはP1000922
丸い部分を輪切りにした加工品「仏手柑の砂糖漬け」まるで花のような可愛らしい形に仕上がっていました。(こちらは近隣の農産物直売所で購入可能)そしてもうひとつ・・・指にも見える細い部分の油胞から(表皮に見えるつぶつぶの部分)アロマも試作中でした。FullSizeRender_1

手首の内側にほんの少しのせて頂くと濃厚で気高い、キリリとした爽やかな香りがしました。(右側はシナモンアロマの試作品)販売が待ち遠しいです。佐賀で見つけた「仏手柑」はナンバーワンを目指し、オンリーワン作りに取り組む富田さんの希少な柑橘でした!実はこの他にも柑橘の「ジャバラ」「ゲンコウ」といった希少な品種や「黒いちじく」「シナモン」も栽培されており、こちらはまた次回にレポートさせていただきたいと思います。

【富田農園】佐賀県唐津市浜玉町TEL 0955-56-7346

福岡のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの永利裕子でした。

佐賀県の記事