ロメインレタス

  • 別名称

    コスレタス

  • 分類

     > レタス・キャベツ・白菜等

  • 通年

  • 供給期間

    通年

ロメインレタスは、一般的なレタスと同じチシャ属の仲間ですが、その中でも葉が立った状態で成長する「立ちチシャ」の一種です。ロメインとは「ローマの」という意味でそのぐらいの時代から食べれれていたのだとか。もともとはエーゲ海のコス島が原産とされ、その地で栽培されていたのでコスレタスとも呼ばれています。

わずかに苦味があり、葉が厚めで硬くパリっとした食感が特徴。定番のシーザーサラダのほか、形を活かして1枚をそのまま器に見立てたる使い方も。肉厚な葉は加熱にも向くため、パスタや炒め物にもお勧めです。

長野県の川上村・菅平高原から届く夏場の高原レタスは、まつのの看板商品ともいえる存在。真空予冷装置と予冷庫を備えた自社集荷所を開設し、夜明け前の涼しいうちに収穫したレタスを芯温2~4℃に急速冷却し、真空予冷後も低温冷蔵庫で出荷直前まで予冷。気温の高い真夏もシャキッと新鮮なレタスをお届けしています。

冬から春にかけては温暖な茨城県・静岡県や中四国の産地から。10年、20年と取り組みを続ける提携産地を中心に、周年での安定供給体制を整えております。
※長野県の川上集荷センター、菅平集荷センターの詳細は以下をご参照ください。
https://www.matuno.co.jp/service/center.html

主な産地・出荷時期

都道府県 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
長野県                                                
茨城県                                                
群馬県                                                
熊本県                                                
福岡県                                                
静岡県                                                

産地情報

  • 小川グリーン研究会長野県南佐久郡川上村