金糸瓜

  • 別名称

    そうめんかぼちゃ・そうめんうり・いとうり

  • 分類

     > かぼちゃ・ズッキーニ・冬瓜・ゴーヤ等

  • 供給期間

    7月~8月

ズッキーニと同じく「ペポかぼちゃ」の一種。加熱すると麺のように糸状に果肉がほぐれる不思議なかぼちゃ。金糸瓜の持ち味はさっぱりしたシャキシャキ食感。加熱し過ぎず、茹でる場合は火が通ったらすぐほぐすことがポイントです。
金糸瓜

カロリーは通常のかぼちゃの半分以下とヘルシー。歯ごたえを活かして酢の物やおひたし、炒め物などにご利用いただけます。そうめんとあわせると淡い黄色の金糸瓜の色とそうめんの白が見た目にも涼しげ。腹持ちもよく低カロリーな麺ものメニューのアイテムとしてもお勧めです。

【調理のポイント】
まずは下ごしらえ。輪切りにしてそのまま皮ごとゆでます。ゆでたものは冷水で冷ましながら、種を取り除き、実の部分を手でほぐしていくと、繊維状にほぐれていきます。水分をかるく絞れば下ごしらえは完了です。

【おすすめの食べ方】

【前菜・つきだし】
金糸瓜のポン酢あえ
ほぐした金糸瓜にポン酢をかけただけの簡単酢のもの。めんつゆやマヨネーズ、ドレッシングであえても。きゅうりや人参の千切りを加えればカラフルになります。

【サラダ】
錦糸瓜と春雨和え
シャキシャキとした金糸瓜の食感と春雨のつるっとした喉ごしが楽しい中華風サラダ。
金糸瓜のサラダ

錦糸瓜との中華風サラダ
鶏肉(ささ身)、きくらげなどとあわせればボリュームのある一品に。
金糸瓜の中華風サラダ

【副菜】
金糸瓜の天ぷら
茹でてほぐすだけでなく、カットして揚げる天ぷらもお勧め。繊維を断ち切る方向に切ると口の中でほろりと果肉がほどけ、食感も楽しめる一品になります。
金糸瓜の天ぷら

【麺類】
ぺぺトロチーノとトマトソース和え

パスタのようにソースを絡めて

金糸瓜そうめん
金糸瓜のみを麺に見立てめんつゆにつけて食べるのもお勧めですが、そうめんとあわせると黄色と白のコントラストが楽しい一品になります。

【付け合わせ】
ブイヨンを使って炒め煮のように味付けしたものを肉料理の付け合わせとして

(レシピ開発/まつのクッキングプランナー谷口恵里、まつのベジフルサポーター事務局)

【関連リンク】
まつのベジフルサポータージャーナル
https://www.matuno.co.jp/vegeful

主な産地・出荷時期

都道府県 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
岡山県