軟白ねぎ

  • 別名称

  • 分類

     > 長ねぎ・小ねぎ・ニラ等

  • 供給期間

    通年

軟白ねぎは、ねぎの白い部分を黒いフィルム等で覆い遮光することで白い部分を長くする栽培方法で育てられたねぎです。一般的な長ねぎより、白い部分が長くやわらかくなります。とくに12月の極寒期は糖度が上がり、いっそう甘みが増します。みずみずしく歯切れがよく甘みがある軟白ねぎは、サラダ感覚で食べられるほど。グリルや炒め物などの加熱料理は、より甘みが濃厚になります。

【栄養素】
ねぎ特有の辛み成分・硫化アリルは、消化促進と抗菌作用が期待できる成分。緑色の葉の部分は緑黄色野菜で、抗酸化作用が期待できるβーカロテン、その他カルシウムなども含まれています。白い部分は淡色野菜で、ビタミンCを多く含みます。

【メニュー活用例】
・前菜
・カルパッチョ:白髪ねぎをたっぷりのせて。甘みがあるので生でたっぷりといただけます。
・グリル:適当な大きさにカットしたねぎをグリルして、シンプルに塩を添えたり、マリネにしても。
・サラダ:ささみなどと和えて、さっぱりとした一品に。
・ピクルス:甘酢で漬けたねぎのピクルスは、辛みが少なくみずみずしい軟白ねぎだからこそ味わえるフレッシュなおいしさです。

主菜
・串焼きやフライに:豚肉でねぎを巻いて、串焼きやフライに。中のねぎが、とろりとする食感はたまりません。
・炒め物:ねぎといかを合わせて、中華風塩炒めに。

ごはん
・丼もの:肉類や油揚げと炒めごはんにのせて。ねぎの甘みと絡んだたれがよく合います。〆の一品のプチ丼にいかがでしょうか。

スープ
・スープグラタン:大きめにカットしたねぎやベーコン、季節の野菜を合わせて煮て、チーズを乗せてこんがりと焼きあげ食欲をそそる一品に。

主な産地・出荷時期

都道府県 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
北海道                                                
青森県                                                
山形県                                                
栃木県                                                
茨城県