トマト(夏秋)

  • 別名称

  • 分類

     > トマト・きゅうり・なす等

  • 供給期間

    6月中旬~10月下旬

トマトの生育に必要な条件のうち、一番大事なのが日光です。けれど、日光が一番多く降り注ぐ夏場の日本の気温はトマトにとっては高すぎる。そのため、夏のトマトは比較的冷涼な地域で栽培されます。北海道、東北等の緯度の高い産地のほか、標高の高い地域が夏秋のトマトの産地です。

ハウス内を暖房で温める冬春のトマトと違い、無加温(自然に近い環境)で育った夏秋トマトは、トマトが持つ本来の味わいが感じられるまさに旬の味覚。弊社の夏秋のトマト産地では、栽培が難しいけれど味が良いと言われる桃太郎を栽培している産地が多くあります。

また、トマトに含まれるカリウムは利尿作用により体温を下げる効果があります。暑い夏にはもってこいの野菜です。

メニュー活用例

トマトの赤いサラダ
トマトの赤いサラダ
(レシピ開発/まつのベジフルサポーター・井上美加)
 
トマトのスライスサラダ
トマト
(レシピ開発/まつのベジフルサポーター・万ノ記子)

【関連リンク】
まつのベジフルサポータージャーナル

主な産地・出荷時期

都道府県 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
青森県                                                
秋田県                                                
福島県                                                
北海道