ベジフルサポータージャーナル

和歌山県【まつの幸せ野菜ボックス】野菜で彩り豊かな食卓を

幸せ野菜ボックスで美味しい食卓

和歌山県のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエプロの阪口理紗です。

我が家にもやってきました「まつの幸せ野菜BOX」!箱の中にはこんなにもたくさんの野菜や果物が入っていますが、一つひとつ丁寧にラッピングされていたり、緩衝材で守られていたり…と、野菜や果物への愛を感じます。

今回のラインナップはコチラ!

【福島県】 KiMiDoRiミックス
【愛知県】 カラフルミニトマト
【愛知県】 キャベツ
【千葉県】 大根
【静岡県】 あやめ雪かぶ
【千葉県】 ちぢみ小松菜
【静岡県】 ポットベラ
【長野県】 パセリ
【北海道】 じゃがいも「キタアカリ」
【北海道】 玉ねぎ
【北海道】 人参
【新潟県】 里芋「砂里芋」
【千葉県】 さつまいも「パープルスイートロード」
【山形県】 ラ・フランス
【山形県】 りんご「サンふじ」

その中でも、紫と白のコントラストが美しい綺麗な小かぶ「あやめ雪」と大ぶりで蜜が入った良い香りの「サンふじ」を使い、酢の物を作りました。

「彩り鮮やかさっぱり和え」

【材料】4人分
あやめ雪かぶと葉・・・1本分
サンふじ・・・1/2個
りんご酢・・・大さじ2
塩麹・・・小さじ1
白ごま・・・大さじ1

【作り方】
1、あやめ雪かぶは洗った後、切り落とした葉の部分をサッと茹でて、3センチほどの長さに切り水気を切っておく。かぶの細い根は切り落とし、半月切りにして塩もみをして10分ほど置いておく。
2、りんごは洗った後、皮付きのままいちょう切りにし、塩水に浸けておきます。
3、ボウルにりんご酢、塩麹、白ごまを入れて混ぜ合わせたら、水気を切ったかぶと葉、りんごを加えて混ぜたら完成。

シャキシャキしてあま〜い「サンふじ」とほのかな甘みと歯ごたえのある「あやめ雪かぶ」の食感がよく合います。彩りも綺麗ですよね。

そして、震災復興のために福島県川内村とまつのが共同出資した植物工場で完全人工光で育ったレタス「KiMiDoRiミックス」と、高糖度のカラフルミニトマト「あまえぎみ」を使ってタコのカルパッチョサラダを作りました。

「KiMiDoRiミックスとカラフルトマトとタコカルパッチョ」

【材料】4人分
KiMiDoRiミックス・・・適量
あまえぎみ・・・8個
茹でタコ・・・約200g
(A)
オリーブオイル・・・大さじ2
レモン果汁・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2
こしょう・・・少々
薄口醤油・・・小さじ1/2
  (お好みでバジルやニンニク、パプリカパウダーなど)

【作り方】
1.KiMiDoRiミックスと洗って半分にしたあまえぎみをお皿に盛り付け、薄くスライスしたタコを周りに散りばめます。
2.しっかり混ぜ合わせたAの材料を1に回しかけたら完成。
苦味がなく柔らかなレタスとカラフルミニトマトで華やかになりました。

さて次は、加熱しても果肉の色が残る鮮やかなさつまいも、「パープルスイートロード」を、北海道産玉ねぎと一緒にポタージュスープにしました。ご覧の通り、とっても濃い紫色が特徴です。

「パープルスイートロードのポタージュスープ」

【材料】4人分
パープルスイートロード・・・1本(約500g)
玉ねぎ・・・1/2個
長ねぎ・・・白い部分1/2個
ローリエの葉・・・1枚
水・・・300cc
牛乳・・・2カップ
塩・・・小さじ1

【作り方】
1.洗ってから1cm幅に切ったパープルスイートロードと、小さめに切った玉ねぎ、長ネギ、水、ローリエの葉を鍋に入れ、蓋をしてパープルスイートロードが柔らかくなるまで加熱します。
2.1が柔らかくなったら火からおろし、ローリエの葉を取り出してから、ブレンダーかジューサーで滑らかになるまで攪拌させます。
3.2に牛乳と塩を加えて味を整えたら完成。器に盛った後にお好みで生クリームやクルトンを添えてもOK。

自然な優しい甘みと鮮やかな色で食卓が一気に華やぎますね。

最後に、「砂里芋(さりいも)」という里芋を使ったお弁当のおかずにもおススメな一品。新潟県の日本海に面した砂丘で作られている「砂里芋」は、ねっとりとしていてもちもちとした舌触り。家族が驚いたこの独特の食感はやみつきになりますよ!

「サクッ!とろ~!の揚げ里芋」

【材料】4人分
砂里芋・・・12個
ぶなしめじ・・・1/2株
片栗粉・・・大さじ2
揚げ油・・・適宜
白ごま・・・適量
(A)
しょうゆ、みりん、さとう・・・各大さじ2
酒・・・大さじ1

【作り方】
1.砂里芋をお皿に入れて軽くラップをしてから600wで約3分加熱します。粗熱が取れたら皮を剥いて塩でこすり洗いしてぬめりを取り除いておきます。
2.ぶなしめじは石づきを取り除いて食べやすい大きなにしておきます。
3.1の砂里芋の水気を拭き取り、片栗粉をしっかりと付け、170度の揚げ油できつね色になるまで揚げていきます。
4.フライパンに酒とAの調味料、食べやすい大きさにしたぶなしめじを加えて弱火で加熱し、砂糖が溶けたら3の砂里芋を加えて混ぜ合わせます。タレが絡んだらお皿に盛り付けて白ごまを振りかけて完成。

ただ美味しいだけではなく、見た目も彩り良く華やかに見える料理は、食欲もそそられ会話も弾み、賑やかな食卓になるはずです。

全国の産地の旬の一瞬を逃さない美味しさが届く【まつの幸せ野菜ボックス】、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.matsunovege.com/

和歌山県のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエプロの阪口理紗でした。

和歌山県の記事