ベジフルサポータージャーナル

長野県寒い冬こそ【生姜パワー】で温まろう!!

ベジフルレシピヒント集
みなさま、こんにちは。
長野県のまつのベジフルサポーター

野菜ソムリエプロの戸谷澄子です。

1月も半ばを過ぎて一気に冷え込み、いよいよ冬本番ですね。長野では最高気温が氷点下という凍りつきそうな日が続いています。こんな時季は生姜(しょうが)のぽかぽかパワーでカラダを芯から温めましょう。

今回は、生姜を使った簡単おいしいお料理をご紹介したいと思います。

キャベツと厚揚げの生姜炒め

キャベツ、もやし、厚揚げを胡麻油で炒め、生姜・酒・みりん・醤油のタレで味付けします。厚揚げは両面に片栗粉をまぶしてカリッと焼きつけるように炒めるのがポイントです。生姜の甘辛ダレがよく絡み、厚揚げもとろっと柔らかくふわふわの食感に仕上がります。

生姜たっぷり根菜の豆乳スープ

ゴボウ、レンコン、里芋などの根菜をベーコンと炒め豆乳で煮込みます。白味噌で味を調え、最後にたっぷりのおろし生姜を加えます。豆乳の甘さと野菜やベーコン、白みそのコクに、生姜の辛さと爽やかな香りが良いアクセントになります。カラダもぽかぽか温まるスープです。

生姜の炊き込みごはん

白米にみじん切りにした生姜とお揚げを加えて、昆布、酒、しょうゆで味付けをして炊き込みます。生姜の香りとほのかな辛みが食欲をそそるごはんです。お酒のあとの〆のごはんに最高!
 
肉巻生姜の甘辛煮
千切りにした生姜を豚のバラ肉で巻き、醤油、みりん、酒、はちみつで煮からめます。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも最適です。
香辛料のひとつとして、古くから世界中で利用されている生姜。
生姜はその使い方によって効能が違うってご存知ですか?
生姜の主な成分はジンゲロールとショウガオールです。
 
生姜を加熱すると、ジンゲロールがショウガオールという熱をつくり出す働きをもつ成分に変わります。
すり下ろした生姜を温かいスープや紅茶などに入れると、血行を良くして体温を高め、脂肪や糖の代謝を促進し、血液サラサラ効果もあるので、生活習慣病の予防にも役立つとされています。

一方、ジンゲロールは生の生姜に多く含まれている辛味成分のひとつ。殺菌作用、免疫細胞を活性化、胆汁の分泌を促進、抗炎症作用など様々な働きを持っています。この成分は酸化しやすいので食べる直前にすり下ろすとより効果的に摂取できます。

生姜の使い方によって、その効果も効能も変わります。カラダを芯から温めたいときは温かいお料理に活用して、生姜のぽかぽかパワーで、この寒い冬を元気に乗り切ってくださいね。

長野県のまつのベジフルサポーター

野菜ソムリエプロの戸谷澄子でした。

 

長野県の記事