ベジフルサポータージャーナル

東京都いろいろなズッキーニで華やかな食卓に!

ベジフルレシピヒント集

東京都のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ、アンチエイジングプランナーの友実秀子です。

日本野菜ソムリエ協会の講師で生産者として「コスモファーム」を運営する中村敏樹さんを訪ね、千葉県の「睦沢farm」でズッキーニを収穫してきました。そこで、今回は緑や黄色、丸型やUFO型、フラワーまで、珍しいズッキーニを使った料理をご紹介します。
ズッキーニ

こちらがズッキーニ畑の様子。
ズッキーニ
ズッキーニはこのように育ちます。この日は午後に伺ったので花がしぼんでいますが、午前中に行けば花が咲いている様子も見られるそうです。

収穫したばかりの「ズッキーニフラワー」まずは天ぷらにしてみました。
「ズッキーニフラワーの天ぷら」
ズッキーニ

天ぷら粉をつけてさっと揚げるだけ。今回は花の中にプチトマトとモッツァレラチーズを入れてみました。

新鮮なズッキーニは生で食べられます。ピーラーで薄く削って、生ハムやとうもろこし、削ったチーズをトッピング。オリーブオイルと塩コショウだけでおしゃれなサラダになりますよ。
「ズッキーニと生ハムのサラダ」
ズッキーニ

1本のズッキーニの3分の1くらいを輪切りにして、残りを縦半分に切ってから縦にスライスすると、1本でいろいろなお料理が楽しめます。

ズッキーニ

輪切りにした緑と黄色のズッキーニを紙包み焼きに。
「2色のズッキーニの紙包み焼き」

クッキングペーパーの上に2色のズッキーニ、プチトマト、豚肉を交互に並べ、ハーブソルトと黒胡椒で味付けし、オリーブオイルをかけて、ふんわりと包んでホッチキスで留めます。250℃に熱したオーブンで10分焼けばできあがり。包みを開くとハーブの香りが広がり、チーズをのせて焼くとさらにボリュームが出ますよ。

縦にスライスした2色のズッキーニでこんなトーストも作ってみました。
「2色のズッキーニのピザトースト」
ズッキーニ
まずは薄切りにしたズッキーニを交互に編み込んでおきます。工作気分で作ってみましょう。
ズッキーニ
食パンの一枚にはマヨネーズ、もう一枚にはケチャップを塗ってスライスチーズをのせ、その上に編み込んだズッキーニをのせます。マヨネーズを塗った方にはシーフードと角切りにした緑と黄色のズッキーニをトッピングして、マヨネーズをかけてオーブントースターで焼き、バジルソースをかけて仕上げます。

ケチャップを塗った方には輪切りのソーセージととうもろこしをトッピングして、マヨネーズをかけてオーブントースターで焼き、ケチャップをかけました。編み込んだズッキーニをのせると、いつものピザトーストが華やかに。
ズッキーニ

ちょっと変わった形のUFOズッキーニや丸ズッキーニは形を生かして器のように使ってみました。

ズッキーニ

「UFOズッキーニのチキングラタン」
ズッキーニ
1.UFOズッキーニの上の部分にナイフで切り込みを入れ、スプーンで中身を取り出し、ラップをして1分ほどレンジで温める。
2.鶏肉100gを2cmに切り、ズッキーニの中身、しめじ1/4パック、玉ねぎ1/2個を1cmくらいに切ったものをバター30gで炒める。小麦粉大さじ2を加えて炒め、牛乳200ccを少しずつ加えてとろみをつけ、アクセントに白みそ小さじ1を加える。あれば茹でたとうもろこしも加える。
3.1の器に2を入れ、チーズ適量をかけて250℃のオーブンて12分ほど焼けばできあがり。

「丸ズッキーニのタイ風ホットサラダ」
ズッキーニ
1.丸ズッキーニを横に3段に切り、下の器にする部分の中身をくり抜く。蓋と器の部分にラップをして2分ほど温め竹串がスッと刺さるくらい火を通す。くり抜いたものと真ん中の輪切りの部分は7mm角くらいに切っておく。
2.ひき肉100gを油でよく炒め、塩胡椒する。
3.7mm角くらいに刻んだズッキーニを加えて炒め、プチトマトも加えて炒める。ナンプラー、てん菜糖、レモン果汁で味付けし、最後に刻んだパクチーを加えてさっと和え、1の器に盛り付ける。お好みで唐辛子で辛みを加えて。器も美味しく食べられますよ。

そして「丸ズッキーニの海老詰め餡かけ」
ズッキーニ
1.丸ズッキーニを1cmくらいの輪切りにし、中央をスプーンでくり抜き、くり抜いた部分を7mmくらいに刻んでおく。
2.海老90gは背わたと殻を取り、粗めに叩いて、酒、卵白、塩少々、片栗粉を加えてよく混ぜ、1の刻んだズッキーニを加えて全体を混ぜる。
3.1のズッキーニに小麦粉を振って2を詰め、油を熱したフライパンで両面よく焼き、蓋をして中まで火を通して取り出す。
4.出汁100cc、酒大さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1、てん菜糖小さじ1を鍋に入れて温め、水溶き片栗粉でとろみをつけて3にかければ出来上がり。和風の味付けで食べるズッキーニも美味しいですよ。

余った具はご飯にかけてドリアにしたり、ガパオライス風にしたり、餡かけ丼にするのもオススメです。

これからが旬のズッキーニ、ぜひいろいろな料理で楽しんでくださいね。
東京都のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ、アンチエイジングプランナーの友実秀子でした。

東京都の記事