ベジフルサポータージャーナル

三重県【まつの幸せフルーツボックス】バレンタインに贈りたい!フレッシュフルーツチョコ

幸せ野菜ボックスで美味しい食卓

三重県のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエプロの小畑貴子です。

今年の冬は寒い!ぽかぽかした春が待ち遠しいですね。風邪やインフルエンザも流行っているので、フレッシュなフルーツでビタミンチャージ!免疫力をアップして、寒い冬を元気に乗り切りましょう。 

そんなときに届いた『まつの幸せフルーツボックス』。今回のラインナップは、いちご「とちおとめ」、「甘平(かんぺい)」、キラキラキウイ「博多完熟娘」、デコポン、サンふじ、王林、きんかん「いりき」、ポンカン、ころ柿…と、旬がぎっしり詰まってました!
バレンタイン
柑橘が多いのはこの時期ならでは。いろいろな大きさや形があり、味の食べ比べを楽しみました。

さて、こちらのとちおとめ、きんかん、ころ柿、甘平、キウイといったフレッシュフルーツを使って、簡単でインパクトある美味しいレシピをご紹介。バレンタインにおすすめですよ!
バレンタイン
まずは簡単ないちごレシピ。チョコレートを湯煎で溶かしたら、いちごをチョコに浸して、乾かないうちに飾りをつけたりまぶしたりして、乾いたらチョコペンでラインを描いて楽しんでください! 
とちおとめ
いちごの甘酸っぱさとビターチョコは好相性ですね。
バレンタイン
バラの花言葉は「愛の告白」。バレンタインにぴったりの赤いバラと一緒にハートの箱に盛り付けました。花を愛でながら、いちごチョコを味わう…なんていかがでしょう?
バレンタイン
次は咋年生まれた上野動物園の人気者「シャンシャン」をイメージしたきんかんパンダチョコ。
バレンタイン
用意するものは、きんかん、ホワイトチョコ、レーズンチョコ、ココナッツパウダー、ビターチョコ。
バレンタイン
この「いりき」は温室育ちのきんかん。樹上で完熟させ、糖度が16度以上のものしか「いりき」のブランドを名乗れません。皮が柔らかく、生で丸ごと食べることでビタミンCなどの栄養を丸ごと摂取でき、風邪予防にもぴったり!届いてすぐにパクリと1つ味わったら、すっかり美味しさの虜になってしまいました。
バレンタイン
まずきんかんを半分に切ります。種も食べられますが、今回は食べやすくするために取り除きました。それから、刻んだホワイトチョコを湯せんで溶かします。
バレンタイン
爪楊枝で刺して、ホワイトチョコに切り口を浸してから、ココナッツパウダーをまぶします。
バレンタイン
こうしてパンダのふわふわな感じを表現します。
バレンタイン
レーズンチョコの片端に溶かしたチョコをつけ、きんかんにつけます。
バレンタイン
乾いたら切り口に目と鼻をビターチョコで描いたらできあがり。 口に含むとフレッシュフルーツならではのジューシーさが広がります。今回の一番のお気に入りチョコです!
バレンタイン
さて次は、甲州百目の干し柿を使ってころ柿チョコレシピ。
バレンタイン
全長7.5センチ、手のひらいっぱいの大きさ!中は綺麗なオレンジ色でしっとりしています。 バレンタイン
ころ柿はクランチチョコにしました。 生クリームとビターチョコを溶かして混ぜ、刻んだころ柿とくるみ、グラノーラを入れて混ぜ、お好みの形に固めるだけでできあがり。
バレンタイン
和スイーツを感じさせる穏やかな甘さのクランチチョコは、渋い緑茶と共に味わいたい一品に仕上がりました。
バレンタイン
最後にバレンタインデーの朝食におすすめしたいオープンサンド。 ココアパウダーを入れた生クリームを食パンに塗り、ブラックチョコクランチを振りかけます。  
バレンタイン
そこにキウイフルーツとジューシーな甘平を並べました。オープンサンドなら簡単!さらにクリームを塗ってパンで挟めばフルーツサンドになります。ぜひアレンジを楽しんでくださいね。
バレンタイン
『まつの幸せフルーツボックス』はこちらから。
http://www.matsunovege.com/
フレッシュフルーツチョコを贈るバレンタインなら大切な人の笑顔が見れそうですよね。
バレンタイン
旬の果物を取り入れて、素敵なバレンタインをお過ごしくださいね。
三重県のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエプロの小畑貴子でした。

三重県の記事