ベジフルサポータージャーナル

青森県3粒で元気回復!世界三大健康野菜「アピオス」

まつのベジフルサポーターレポート

みなさま、こんにちは!青森県のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエ、ベジフルビューティーアドバイザーの欠畑(かけはた)睦子です。

青森もようやく雪が融け、福寿草やふきのとうが顔を出しはじめました。季節の変わり目、異動の多い春は慌ただしく、少し疲れも出やすくなりますね。そんなときこそ、健康志向のみなさまに、まだあまり知られていないスーパーフード!北緯41度の青森から、生産量・品質ともに日本一(参考資料:平成25年度青森県農業園芸課調査より)を誇る「アピオス」をご紹介します。

一見イモのように見えますが「アメリカホドイモ」とも呼ばれる北米原産・マメ科のつる性植物。ヤーコンやキクイモと並ぶ世界三大健康野菜の一つ(参考資料:奇跡のアピオス健康法より)と言われているそうです。大きさは親指の第一関節程で里芋・サツマイモ・栗を合わせたようなコクのある味です。

ここ青森には、明治初期にアメリカから、りんごの苗木に混じり入ってきたのが自生・繁殖して広がったと聞いています。娘のからだを思いやり、嫁入りの際に産後の滋養に持たせたと言われるほどの高機能性食品でもあります。

お客様の要望で春堀りしていた南部町にある「むがし農園」園主・野菜ソムリエ仲間の佐々木貴子さんを訪ねました。

貴子さんはアレルギー体質のうえ、数年前に病を患い、13年間務めた福祉関係職から退きました。その時、自然栽培のものしか食べられない子供がいることを知り、自ら肥料・農薬・除草剤を使わない循環型農業をはじめたのです。主に大豆・南部小麦と野菜数種の栽培に乗り出した矢先、アレルギーに効果が期待されるといわれているアピオスを知り、食べてみたら自身の体に変化を感じたため4年前から栽培に着手したとのことです。

暮れの収穫時には施設の子供たちを招待して一緒に収穫しました。その後、根切りをし洗浄・選別後、注文をいただいてからサイズごとに丁寧に袋詰めし、手渡しで届けています。乾燥しやすく、とても手間がかかるという体験や収穫時の生き生きとした子供たちの姿をみて、アピオスで農福連携に取り組みたいと頑張っています。また、佐々木さんのむがし農園は、幼稚園の食育の場にもなっています。その時の様子や今春から生産されるアピオスの様子はむがし農園のブログでご覧下さい。

30数年前に食べたことのある私は当時「ホドイモ」と呼んでいたため、後にアピオスと同じものだと知ったときは驚きと懐かしさに感動しましたが、そのアピオスが土の中ではネックレスのような数珠状に繋がっているとは想像もしていませんでした。こちらが、むがし農園にて収穫したばかりのアピオスです。手間がかかるという意味がわかりました。

下北アピオス振興会主催のイベントに参加し、生産工程を詳しく知りました。
 
8月に摘み取られ洗浄後、乾燥・焙煎されたアピオス茶花は独特の香りですが、まろやかな味でした。今年はフレッシュな茶花をいただきますよ!


下北アピオスの特徴の一つは粒の大きさです。

外気の寒さにさらし糖度を上げる「寒ざらし」という作業は青森ならではの技です。ゆっくり蒸しあげることで糖度が保たれます。

アピオス加工にも取り組み、加熱してから冷凍したものも出荷しています。美味しさはそのまま閉じ込めた冷凍アピオスは自然解凍するだけで、いつでもそのまま味わうことができ、とても便利です。

注目の栄養効果は、1日3粒で元気回復といわれるほどカロリーが高く食物繊維も豊富です。ジャガイモと比べてみても鉄分は約4倍、タンパク質は約3倍、カルシウムはなんと30倍!イモ類にはないビタミンE・イソフラボンも含まれています(可食部100gあたりの成分参照)。また、朝鮮人参の主成分で血糖値を下げる働きのあるとされるサポニンやアレルギー体質改善・血圧降下作用が期待されるといわれるペプチドまで含まれており、「畑のうなぎ」といわれるほど!滋養強壮効果が強く、食の細くなった方にもおすすめで、アピオスに含まれる成分には便秘・肥満改善の効果も期待されています。  

(現在7訂日本食品標準成分表にもまだアピオスの数値は記載されていません)

 今月、下北アピオス振興会主催で「第1回あぴー1グランプリ」の募集がありました。それぞれのオリジナルレシピでアピオスの認知度を高め、その可能性を競うものです。私も取材を機に「アピオスdeショコラ」を出品してみました。アピオスをすり潰してチョコと生クリームを混ぜたガナッシュに仕上げ、アピオス型に成形し、チョコレートでコーティングしたものです。ポイントは潰し過ぎず、アピオスの食感を少し残すことです。カカオのポリフェノール効果とアピオスの栄養効果を一粒の中にギュッ!と閉じ込めました。

それが、なんと!グランプリをいただきました。

私の作品も加え、32作品ものレシピが公開されました。そのまま、あるいは素揚げにしてお塩をかけていただくのが一般的ですが、応募作品の中には廃棄されてしまう小さなアピオスを使って作られた納豆もありましたよ。詳しくはこちらをご覧ください→下北アピオス公式サイト

いかがでしたか?あなたもアピオスで元気に過ごしてみませんか?青森県のまつのベジフルサポーター・野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザーの欠畑睦子でした。

青森県の記事