ベジフルサポータージャーナル

北海道石狩野菜と愛情山盛り!「わがまま農園Cafe」後編

まつのベジフルサポーターレポート

北海道のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの福島陽子です。

前編に引き続き、北海道石狩市「わがまま農園Cafe」をご紹介致します。

わがまま農園Cafeは、自家農園「わがまま農園」の作物と石狩産の野菜を極力使用。提供される野菜の種類もボリュームもたっぷりで、雰囲気も素敵なファームレストラン です。田中ファミリーがカフェを始められたのは、東京でシェフをしていた娘のえみさんが北海道に戻られたことが大きなきっかけでした。
田中えみさん わがまま農園
納屋を改装した畑の真ん中にあるカフェレストラン。最初はここにお客様が来てくれるか心配だったそうですが、新鮮な野菜がふんだんに使われたメニューと、気取らないのにオシャレなカフェランチが評判を呼びあっという間に大人気に。気さくな田中ファミリーを訪ねて地元の方も沢山利用してくれるようになり、今では仲の良いお友達が集まる、かけがえのない場所になったそうです。
わがまま農園カフェ 外観
わがまま農園Cafeのシェフ 田中えみさんにもお話を伺いました。えみさんは田中家の三女で、10年ほど東京のカフェやレストランで調理師として修業されました。
カフェのこだわりはやはり石狩野菜だというえみさん。シェフの目線から、石狩野菜の特徴を伺いました。「石狩の野菜は味が濃いです!この上の地帯はほとんど泥地なんですけど、野菜が強いんですよね。その土から出てきた野菜だから、味も甘みも強い。甘みが強すぎて、料理の邪魔するときもあるくらい。(笑)余計な味付けをしなくても、十分美味しいです。」わがまま農園 カフェ ワンプレート
今回頂いたのが、ランチメニューの「ビーツ入りイングリッシュマフィンのコロッケ」。石狩の野菜や食材がぎゅっと詰まったワンプレートランチです。ほんのりビーツの甘みを楽しめるイングリッシュマフィン。石狩の有機栽培「はるきちオーガニックファーム」のビーツのペーストを使用しています。

お隣の農場「ノーザンノーサン」から仕入れた安全な平飼い有精卵「イコロラン」を使ったポーチドエッグ。ぷりっぷりの卵を割る瞬間が気持ちよく、食べると優しい味わいです。そのポーチドエッグの横にあるのが石狩の高級ブランド豚肉。ほんのり甘い脂身に歯応えはあるのに柔らかい「望来豚(もうらいとん)」のベーコン。このベーコンもえみさんの手作り。びっくりするほど美味しいです。
わがまま農園 アスパラガス 石狩
わがまま農園自慢のアスパラガス。今日はカットしての提供でしたが、一本そのまま添えられることもあります。添えられているニラも、トマト栽培のために植えられたと思えない質の高さ。
コロッケ デミグラスソース わがまま農園 カフェ
コロッケに使われているのは、わがまま農園の男爵いもと、有機玉ねぎ。お肉を使っておらず野菜の旨みがぎゅっと詰まった深い旨味のコロッケです。えみさんこだわりのデミグラスソースも、コクがあってコロッケにぴったり。
大豆 ケール 石狩
サラダは、地元石狩の野菜を活かしたえみさんの味付けが嬉しいです。赤だいこん、ビーツ、にんじん、ケール、大豆も石狩産か自家栽培のものが使用されています。

石狩野菜の元気が詰まったような豪快なワンプレート。お腹いっぱい楽しむことが出来ます!
札幌市内からクルマで1時間ほど離れたこの土地。このエリアにカフェが出来たのは初めてですが、ご家族や周りの皆に支えられ試行錯誤しながらもいまや開店待ち行列のできる人気店に。この先10年、そしてもっと。このカフェを続けていきたいとおっしゃいます。

控えめながら情熱的。ちょっぴりボーイッシュで、クールビューティなえみさん。そんな彼女にとって、優しく包み込んでくれるお母様の民世さんの存在がとても大きいそうです。民世さんはアスパラガス畑をメインで担当しながら、混雑するランチタイムの接客を切り盛りされています。

「尊敬できる母親と父親だから、やらなきゃっていう気持ちにはなりますよね。こういうことは表では言わないですけど、本音では凄い両親だなぁと思っています。」

今年からはカフェタイムも充実させ、石狩産そば粉100%のガレットや、こだわり食材を使った楽しいパフェなど美味しいスイーツも頂くことができます。ほうれん草アイス パフェ ヨーグルト
フルーツヨーグルトパフェには、わがまま農園のぶどうソースとほおづきジャム、お母さんの手作りグラノーラ、道産牛乳のソフトクリーム、季節のフルーツ、白ワインジュレ、ヨーグルトアイスとほうれん草アイスとパイ。アイスはほうれん草を沢山使っていて、しっかりしたほうれん草の風味が調和します。チョコ バナナ パフェ わがまま農園 カフェ
チョコバナナパフェは、チョコレートアイスとバナナのアイス、その下にじゃがいもプリンとバナナのキャラメリゼ。クッキーほかトッピング一つ一つの食材も出来る限りの手作り。プレートランチのような、楽しいスイーツの組み合わせもベストマッチです!石狩 コーヒー 
セットドリンクに選んだコーヒー焙煎とハーブティー製造も、石狩の生産者さんのもの。飲み物にも地元の信頼できる人と手を組み美味しいモノの提供に、とことんこだわっています。

安心安全、優しさとボリューム満点!美味しく健康な石狩野菜と素敵な田中さんファミリーに会える「わがまま農園Cafe」。機会がありましたら、ぜひお食事してみて下さいね。

北海道のまつのベジフルサポーター、野菜ソムリエの福島陽子でした。

———————————
こちらの記事に関するお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
【お問い合わせページ】
http://www.matuno.co.jp/contact.html
—————————

北海道の記事