幸せ野菜ランチレポート

【2018年新春・真心込めて】年越しそば&おせちランチ

まつのクッキングサポーターの谷口恵里です。
新年おめでとうございます。旧年中は格別の御高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
まつのは365日24時間営業しており、大晦日・元旦もいつもと変わらずセンターが稼働しています。年末年始を会社で迎える従業員に少しでもお正月を楽しんでもらえるよう、心を込めて年越しそばとおせち料理の「幸せ♡野菜ランチ」を提供しました。
 幸せ野菜ランチ
新センターに移転して初めての新年。厨房の設備も格段に充実し、料理のつくり手としても心躍る新春のランチです。
 
年越しそばには長ネギとわかめをふんだんにトッピングし、冷蔵ピッキングセンターで冷えた身体が温まるよう生姜もたっぷりと。
幸せ野菜ランチ
 
 「身体も心も温まって今年最後の仕事を終えることができる」と嬉しい声をもらい、2017年の幸せ♡野菜ランチを好評に締めくくることができました。
 
元旦ランチのスペシャルな一皿は「おせち料理」。
幸せ野菜ランチ

昨年まではなかったスチームコンベクションオーブン(略称「スチコン」)が大活躍しました。
スチコンを使うメリットは、仕上がりの美味しさはもちろんのこと、時短で調理が効率的になることにあります。
 
まずは、お煮しめ。今年は蓮根、ごぼう、里芋、筍、椎茸、人参の煮物です。
幸せ野菜ランチ
祝いの膳は、目に楽しい美しさも大切です。「幸せ♡野菜ランチ」は、日勤・夜勤あわせて約100名分を限られた人数のスタッフで調理しますが、美しさには妥協せず蓮根は花形にカット。
幸せ野菜ランチ

人参も梅型でくりぬき、立体的な花型にカットします。
幸せ野菜ランチ

 下準備を整えた食材に出汁を注ぎ、30分間スチコン内で加熱して完成。冷蔵庫で1日寝かして味をさらになじませ、提供しました。
幸せ野菜ランチ
栗きんとんは、約8キロのさつまいも(紅はるか)を使用。クチナシの実を一緒に柔らかくなるまで煮た後、滑らかになるまで丁寧に裏ごしし、栗の甘露煮のシロップと塩を少々入れて、スチコンで加熱しました。
幸せ野菜ランチ
 
通常は火にかけて練り上げますが、大量調理で威力を発揮するのがスチコン。加熱の過程で殺菌もでき、長持ちするという効果もあります。
 
栗を加えて、黄金色の栗きんとんの完成。
幸せ野菜ランチ
 
紅白なますは、黄柚子の果実をくりぬいて器に。柚子の皮と果汁をたっぷりと使用しました。
幸せ野菜ランチ
 
現場から紫のさつま芋がロスとしてあがってきたため、黒豆に見立てサイコロにカット。甘みを引き出すように蒸しあげます。
幸せ野菜ランチ
 
2018年は設備が充実した「まつのキッチン」で、さまざまな試みに挑戦したいと思います。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
 
本年も何卒宜しくお願い致します。

季節の行事食の最新レポート