お客様の声

野菜全般の規格・品質について【台風21・22号の影響】

お客様の声

「グリーンリーフの葉先が茶色く変色している」「レタスがいつもより小さい」「ブロッコリーに虫がついている」

まつのからの回答

台風21・22号とそれ以前の長雨・曇天の影響で野菜全般の品質が急激に低下しております。

「グリーンリーフの葉先が茶色く変色している」
「レタスがいつもより小さく萎びている」
「ブロッコリーに虫がついている」

といったご指摘を多く頂いております。台風21・22号およびそれ以前からの長雨・曇天の影響で野菜全般の品質低下が著しく、各地、野菜全般・各品目で甚大な被害が出ております。

全体的な極減のため、代替品もご用意が難しい状況となっております。ご迷惑をお掛けし大変恐縮ですが、変色・枯れ等の部分を取り除いてお使いいただけますよう、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

以下、現状の品質につきましてご案内申し上げます。

野菜くらぶ静岡部分的な傷み・枯れ
多くの野菜が畑で少なからず傷んでおり、弊社でも検品・トリミングは行っておりますが、通常の基準では出荷できるものが極端に少なくなるため、軽度の傷みは欠品を避けるために出荷しております。なるべく可食部のご利用をお願い申し上げます。また、非常に弱っているために輸送時にも傷みが急激に進むことがございます。弊社出荷時にも検品を強化するように努めて参ります。
※左は静岡県内の弊社提携産地の様子。

サニーレタス、グリーンリーフ ロメインレタス レタス同様外葉が破れて生育が進 んでいません。葉の枚数が増えてきていないので量目が増えてきません。

傷がついている、曲がっている

台風の強風の影響により実にスレや傷がついています。また生育不良による曲がり・変形も多数発生しておりますが、欠品を防ぐために出荷対象としております。

色が悪い、色むらがある
日照不足により色周りが不十分なもの、色むらのあるものが多数入荷しております。同様に、欠品を防ぐために、こうした物も出荷対象としております。

小さい・軽い、歩留りが悪い、大きさや形が揃っていない
収穫できるものが非常に少ないため、まだ収穫時期ではない若いもの(小さいもの)を収穫しており、通常時の規格を遵守することが困難な状況となっております。

また、絶対量が不足しているため、通常期では産地で規格外品として除外するものも含めた出荷となっているため、大きさ・形の規格を揃えることも困難となっております。
天候不順による影響

レタス類については、傷みの部分を取り除いた「剝き玉」をお届けすることも多くなっております。
天候不順による影響

虫がついている
多雨と台風などの影響で消毒(病気を防ぐ)や防除(虫を防ぐ)ができず、虫(幼虫)が付着したものも入荷しております。センター出荷時にも注意するよう努力いたします。洗い流してご利用いただけますようお願い申し上げます。

全国的に産地・市場流通の絶対量が不足しているため、さまざまな産地から集荷に努めております。日によって、産地・生産者によって品物の品質・規格がまちまちとなっており「昨日のモノは良かったが今日は良くない」といった事態も発生しております。極力よいものをお届けできるよう努めて参ります。なにとぞご理解を賜りますよう願い申し上げます。

●産地状況の詳細は以下をご参照ください。
野菜の入荷量急減(第二報)【天候不順による影響】
http://www.matuno.co.jp/news/farm/25094.html

野菜の入荷量急減(第一報)【天候不順による影響】
http://www.matuno.co.jp/news/farm/24970.html